スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費者金融 総量規制

サラ金規制法とも言われる総量規制とは?


総量規制とは、2010年6月に施行された「改正貸金業法」の中の一項目であり、
個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限されることを指します。

総量規制の対象


貸付には「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類があります。
その中で、総量規制の対象となるのが「個人向けの貸付け」のみとなり、法人向けは対象外、また個人向けでも保証については対象外です。

総量規制の除外と例外


除外とは総量規制の範囲に入らないものであり、例外とは総量規制の対象内ではあるものの、例外的に三分の一を越えても借入ができるようにされたものです。

除外項目には代表的なもので住宅ローン・カーローン・銀行からの借入などがあります。

総量規制の例外には様々なものがあるのですが、
返済を担保できるようなものがあれば例外とされるようです。
例えば不動産を担保に借入をする、有価証券を担保にもできるようです。
また、緊急の医療費や個人事業主への貸付、利用者の一方的に有利となる借り替えなども例外となります。

総量規制を越える借入


除外項目・例外項目を利用し借入を行うことができます。
おまとめローンは利用者の一方的に有利となる借り替えに該当しますし、不動産担保ローンなどもあります。

なぜ銀行は総量規制の対象外?


総量規制とは先程も書いた通り、貸金業法に基づく規制でありますが、銀行による貸付は貸金業法ではなく銀行法によりますので、そもそも総量規制の規定とは離れた業務になるのです。
よって、銀行からの借り入れは総量規制の対象外となります。

総量規制の対象外での借り入れをお探しなら→消費者金融比較キャッシングガイド

▽モバイル版もあります▽
消費者金融比較キャッシングガイド モバイル
スポンサーサイト

テーマ : 生活に役立つ情報
ジャンル : ライフ

メニュー
リンク
バナー
消費者金融比較ガイド
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。